キャンペーン・新車情報夏のスクーターズフェア

キャンペーン

コミューター盗難補償付帯サービス

原付クラブ

新車情報

Dio110

走ろう、自分の毎日を。

アクティブに駆け出したくなる軽快な走りと、毎日にうれしい使いやすさを兼ね備えた「Dio110」に、新設計のエンジンや軽量・高剛性フレーム、利便性の高いHonda SMART Keyシステムを採用するなどフルモデルチェンジし、2021年2月25日(木)に発売。
ダイナミックなボディーラインでよりアクティブさを表現し、上質感も演出。カラーリングは全4色の設定。

ホンダの製品情報へ

PCX

Wake up Emotion

スタイリッシュな外観と環境性能に優れたエンジンなどで好評を得ている「PCX」をフルモデルチェンジし、2021年1月28日(木)に発売。
軽快なハンドリングと日常での取り回しやすさを追求した新設計フレームに、出力向上とさらなる低燃費を実現。使い勝手の良い装備をより充実させている。

ホンダの製品情報へ

スーパーカブC125

目的地は、新しい自分。

スーパーカブC125は、スーパーカブシリーズの初代モデル「スーパーカブ C100」を彷彿させるスタイリングに最新装備を採用するなど上質感を追求した。
レッグシールドからリアフェンダーにつながる滑らかな曲面で構成されたシルエットに、“鳥が翼を広げたような形のハンドル”部からフロントフォークまでを一体とした「ユニットステア」を採用し、普遍的で気品のあるスタイリング。
今回、スタイリングを引き立たせ、高級感のある「パールシャイニングブラック」を新たに追加し2020年7月31日(金)に発売。継続色と合わせ全3色のカラーバリエーション。

ホンダの製品情報へ

スーパーカブ50/100・『天気の子』ver.

カブが、天気を連れてくる。

2019年7月に公開された、新海 誠 監督のアニメーション映画「天気の子」の劇中に登場するスーパーカブのカラーリングを再現した「スーパーカブ50・『天気の子』ver.」、「スーパーカブ110・『天気の子』ver.」を、2020年7月23日(木)から受注期間限定で販売。
「天気の子」製作委員会監修のもと、劇中のカラーリングを忠実に再現した「サマーピンク」を採用。ブラウンのシートと合わせ特別な仕様としている。また専用ステッカーを配置し、より特別感を演出している。

ホンダの製品情報へ

CT125

答えは、自然の中にある。

アウトドアレジャーの用途に適した装備のレジャーモデル「CT125・ハンターカブ」を2020年6月26日(金)に発売。
「Super Cub(スーパーカブ)」シリーズの魅力である普段使いの気軽さに加えて、郊外へのツーリングやキャンプなどさまざまなアウトドアレジャーへの移動手段として、楽しみをより一層拡げる機能性を備えたモデルです。

ホンダの製品情報へ

モンキー125

世界を広げる、小さな相棒。

歴代「モンキー」の特徴である「シンプル」「コンパクト」「愛らしさ」の不変的な魅力を踏襲しつつ、楽しさをスケールアップしたレジャーバイク「モンキー125」に新色を追加し2020年4月3日(金)に発売。
今回、落ち着いた印象と高級感を感じさせる「パールシャイニングブラック」を新たに追加。継続色の「パールネビュラレッド」「バナナイエロー」「パールグリッターリングブルー」と合わせて全4色。

ホンダの製品情報へ

スーパーカブ110

暮らしや仕事のパートナー。

タウンユースとして、ビジネスユースとして。ひとりひとりが気軽に乗りこなせる使いやすさとと、とことん乗りまわせるタフさ、経済性。求められるいくつもの性能をこの1台に。
伝統的なスタイリングに先進性も兼ね備えた「スーパーカブ110」に新色を追加し2020年6月19日(金)に発売。
鮮やかなイエローの車体にブラウンのシートを組み合わせ、アクティブな印象とした「パールフラッシュイエロー」を追加。継続色とあわせ全6色の豊富なカラーバリエーション。

ホンダの製品情報へ

グロム

退屈を振りきれ!

遊びゴコロにあふれた、個性的なデザインとカラーリング。
取り回しやすいジャストフィットなサイズ。周囲をも驚かせるこだわりの装備。
いままでにない刺激をあたえる、あらゆる要素をこの一台に。そのライディングにライダーは歓喜する。
今回、個性的で躍動感あふれるスポーツモデル「グロム」のカラーリングを変更し2020年3月13日(金)に発売。
車体色は、スポーティーなロスホワイトと、精悍なマットアクシスグレーメタリックの全2色。

ホンダの製品情報へ

レブル250

シンプルを突き詰めたタフ&COOL

シンプルでクールなイメージのスタイリングと、軽量で取り回しやすいサイズの車体に、扱いやすい出力特性のエンジンを搭載したクルーザーモデル「Rebel(レブル) 250」の灯火器を全てLEDとする等の仕様を充実させ扱いやすさと乗り心地の向上を図り、新色を加えた全3色のカラーバリエーションで発売。
また、個性を演出する純正アクセサリーを標準装備した「Rebel 250 S Edition」をタイプ追加(1色)。
それぞれ2020年3月19日(木)に発売。

ホンダの製品情報へ

ADV150

限界を超えていく都会の冒険者

アドベンチャーモデルの新たな提案として、タフでアクティブなアドベンチャースタイルに、市街地から高速道路まで走行可能な149cc単気筒エンジンを搭載した新型軽二輪スクーター「ADV150」を2020年2月14日(金)に発売。
通勤や通学から趣味や非日常も楽しめる軽二輪スクーターを目指した。カラーリングは全3色を設定。

ホンダの製品情報へ

リード125(受注期間限定モデル)

マットブラックが引き立てる、シックな佇まい。

優れた実用性とスタイリッシュなデザインが好評の原付二種スクーター「リード125」。
日常生活を支えるLEAD だから、所有する喜びで、毎日をもっと満たしたい。その想いをカタチにした、感性を刺激するスペシャルカラーの登場。
受注期間限定のカラーリング「マットギャラクシーブラックメタリック」を2020年1月17日(金)に発売。
受注期間:2019年12月20日〜2020年3月31日

ホンダの製品情報へ

リード125

STYLISH & FUNCTIONAL

シート下には利便性の高い大容量のラゲッジスペースを確保するなど、通勤や通学、レジャーまでさまざまな場面での使い勝手に優れ、幅広い層のお客様に支持されている原付二種スクーター「リード125」。カラーバリエーションを変更し2019年10月1日に発売。
ツートーンカラーモデルには上質で深みのある「パールダークアッシュブルー」、落ち着いた印象の「ポセイドンブラックメタリック」を新設定。単色モデルには鮮やかで上品な「キャンディラスターレッド」を新設定し、継続色をあわせた全6色。

ホンダの製品情報へ

クロスカブ50/110・くまもんバージョン

遊びゴコロをのせて走ろう。

街にも自然にもフィットする、軽快でアクティブなスタイル。行動範囲を広げる、パワフルな走り。アウトドアテイストあふれる装備。
「カブ」らしい愛着のわくスタイルに、くまモンとのコラボで、さらに遊びゴコロがいっぱいのクロスカブ。
くまモンをイメージした黒と赤を基調としたカラーリングやスマイルくまモンが魅力のスペシャルエンブレム、専用キーのほか、車体のあちこちに、こっそりくまモンが残した足跡が、、、、、。

ホンダの製品情報へ

タクト・ベーシック

ふだんの、いちばんへ。

張りのある美しい曲面で構成し、取り回しやすいコンパクトなイメージと、安定感のあるフォルム。力強い出力特性と優れた燃費性能を両立したエンジンを搭載。
タクト・ベーシックは、さらに足着き性に重点を置き、タクトと比較しシート高を15mm下げ、より足つき性に配慮したモデル。
爽やかな「パールグレアホワイト」と落ち着きのある「ボルドーレッドメタリック」を新たに採用し、継続色の4色を加えた全6色の豊富なカラーバリエーション。

ホンダの製品情報へ

ジョルノ(Giorno)

Be More Chic.じぶんらしさを、あたらしく。

上品シックな個性派スタイル。人にも街にもやさしい走り。毎日にうれしい使いやすさ。
愛らしく個性的なデザインに、扱いやすい出力特性を備え環境性能に優れたエンジンを搭載。親しみやすい丸みのあるデザインと、グローブボックス内にスマートフォンなどを充電できるアクセサリーソケットを装備するなど、若年層を中心とした幅広い層から支持されている。カラーバリエーションは全4色。

ホンダの製品情報へ

PCX150

ゆとりと上質を愉しむ日常へ。

高級感のある外観と環境性能に優れたエンジンなどで好評を得ているスクーター「PCX150」は2018年4月20日(金)にフルモデルチェンジ。
「美しさと力強さ」をコンセプトに、先進性と上質感を追求したスタイリング。
高い動力性能と環境性能を両立させたパワーユニット。
快適な走行に配慮した車体・足回り。
使い勝手を考慮した充実の装備。
フロントのみが作動するABSを採用した、PCX150<ABS>をタイプ設定。

ホンダの製品情報へ

ジョルノ・デラックス

Be More Chic

愛らしく個性的なデザインが人気のジョルノに「ジョルノ・デラックス」を2019年2月15日(金)追加発売。
「ボニーブルー」と「タスマニアグリーンメタリック」の2色を採用。鮮やかな水色のボニーブルーのリアサイドカバーとストライプにはソフトベージュを、また、深みのある緑色のタスマニアグリーンメタリックのリアサイドカバーとストライプにはシルバーを採用するなど、上品でかわいらしいジョルノの印象をより際立たせるツートーンカラー。

ホンダの製品情報へ

Dunk

Mobility Gadget: Dunk.

上質感と個性的なスタイリングに、力強い出力特性と環境性能に優れた「DUNK(ダンク)」のカラーバリエーションを変更し2019年3月8日(金)に発売。
上質感をより際立たせるカラーリングを新たに設定。都会的でスマートな印象の「マットアルタイルシルバーメタリック」と、深い青色で落ち着いた印象の「イオンブルーメタリック」を新たに採用し、継続色とあわせて全6色。

ホンダの製品情報へ

CRF COMPETITION SERIES

テクニックに応える、とっておきの一台。

勝つための性能を極限まで高めた、リアルレーシングモデル。本気で遊べる確かな性能。
オフロード走行専用車のラインアップ(CRF50F/CRF125F)に、「CRF110F」を新たに追加。
「CRF125F」は扱いやすさと走破性を向上させる。
CRF110Fは100台限定、CRF125Fは170台限定で2019年2月1日(金)に発売。
(※公道走行不可)

ホンダの製品情報へ

PCX HYBRID

4秒で、世界は変わる。

スタイリッシュな外観と環境性能に優れたエンジンなどで好評の「PCX」シリーズに、量産二輪車用として世界初(※1)となるハイブリッドシステムを採用した原付二種スクーター「PCX HYBRID」を2018年9月14日(金)に発売(受注生産車)。
2018年4月に発売したPCXをベースに、新たに搭載した高出力型リチウムイオンバッテリーをエネルギー源として、エンジンの始動や発電を担っているACGスターターに駆動アシストの機能を追加。
(※1)2018年7月時点 Honda調べ

ホンダの製品情報へ

フォルツァ

大人を満たす知性と躍動。

精悍なスタイリングとスポーティーな運動性能が魅力のシティーコミューターとして2000年に初代モデルを発売して以来、幅広い層のお客様に支持されている「フォルツァ」をフルモデルチェンジし、2018年7月20日(金)に発売。
今回、“安心・快適な高速走行性能のさらなる進化に、街中での扱いやすい軽快さをプラス”を開発のキーワードに定め、さらに総合性能の向上を図った。

ホンダの製品情報へ

CB250R

トラディショナルでありながら、すべてが新しい。

新世代CBシリーズとして、250cc単気筒エンジンを搭載した軽二輪のネイキッドロードスポーツモデル「CB250R」を2018年5月22日(火)に発売。
「日常の移動を遊びに変える “SPORTS ROADSTER” 」を開発コンセプトとし、運動性能の最大化を目標に、軽量化とマス集中化を図りながら、市街地から郊外のワインディングロードまで楽しめる特性のパワーユニットを搭載。足回りは上質なライディングフィールを追求した。

ホンダの製品情報へ

クロスカブ50

New Cub is Your Cub.

レジャーモデルとして好評の「クロスカブ」に50ccエンジンを搭載した「クロスカブ50」を新たに設定し2018年2月23日(金)に発売。
クロスカブ110同様のスタイリングに、取り回しやすいく足つき性の良さに配慮した、より身近でフレンドリーなモデルとしている。
エンジンは、スーパーカブ50に搭載されている空冷・4ストローク・単気筒エンジンを採用。
カラーリングは、鮮やかなマグナレッドと落ち着きのあるクラシカルホワイトの2色のバリエーション。

ホンダの製品情報へ

クロスカブ110

遊びゴコロをのせて走ろう。

アウトドアテイスト溢れるスタイリングと装備で、通勤・通学からレジャー用途まで幅広い層のお客様に支持されているモデル「クロスカブ110」の外観を一新するなどモデルチェンジをし2018年2月23日(金)に発売。
レッグシールドを廃止することで軽快感を演出するとともに堅牢な雰囲気もより高めている。
カラーリングは、カラフルなパールシャイニングイエローとマグナレッドに加え、アウトドアシーンに映えるカムフラージュグリーンの3色のバリエーション。

ホンダの製品情報へ

タクト

Everyday Spec.TACT ふだんの、いちばんへ。

ヘルメットや小物を収納できるラゲッジボックスの採用やシンプルなデザインなどで幅広い年齢層に支持されるデザインで、取り回しやすい車体サイズに、力強い出力特性と環境性能に優れた原付スクーター「タクト」と、低シート高タイプの「タクト・ベーシック」に平成28年排出ガス規制対応を施すとともに、カラーバリエーションを変更し2017年10月17日(火)に発売。
今回「タクト」はシックで落ち着いた印象のヘビーグレーメタリック-Uを新たに採用し全2色を設定。「タクト・ベーシック」は鮮やかで上質感のあるキャンディーブレイズオレンジを新たに採用し、継続色の5色を加えた全6色の豊富なカラーバリエーション

ホンダの製品情報へ

スーパーカブ50

明日へ走る、みんなの足。

1958年8月の初代モデル発売以来、幅広い層のお客様に愛用されているロングセラーモデル。
タウンユースとして、ビジネスユースとして。ひとりひとりが気軽に乗りこなせる使いやすさとと、とことん乗りまわせるタフさ、経済性。求められるいくつもの性能をこの1台に。
伝統的なスタイリングに先進性も兼ね備えた新世代スーパーカブとしてモデルチェンジし2017年11月10日(金)に発売。

ホンダの製品情報へ

スーパーカブ50プロ/スーパーカブ110プロ

これからも仕事で頼れる1台へ。プロ仕様のカブ。

モデルチェンジしたスーパーカブ50/110をベースに、積載性に優れた大型のフロントバスケットとリアキャリアを標準装備したビジネスモデル「スーパーカブ50/110プロ」。
配達のプロにとって快適な使いやすさを備えたビジネスモデルとして開発。取り回しの良さと積載性とタフさと優れた経済性。配送業務をはじめとした、さまざまな使用状況に応じたモデル高いパフォーマンスを発揮する1台。

ホンダの製品情報へ

ベンリィ/ベンリィ110

365日、配達する人をサポートする。

新聞配達や宅配用途で求められる取り回しの良い車体サイズ、優れた実用性と経済性はそのままに、平成28年度排出ガス規制に適合させるとともに、一部仕様を変更した「ベンリィ110」を2017年10月27日(金)に、「ベンリィ」を11月2日(木)にそれぞれ発売。

ホンダの製品情報へ

ベンリィプロ/ベンリィ110プロ

頼もしい装備をプラスした新聞配達仕様。

「ベンリィ」「ベンリィ110」をベースに、夜間などに手元灯としても使えるポジションランプを新たに採用。積載性の高い大型フロントバスケットと大型リアキャリア、発進・停止をスムーズにするフットブレーキと駐停車で便利なリアブレーキロック機構、集配業務で雨風から手元を守るナックルバイザーを装備したモデル。

ホンダの製品情報へ

CBR250RR

TOTAL CONTROL

「トータルコントロール〜操る楽しみの最大化」の実現を目指した新世代『RR』
「直感、体感、新世代『RR』」を開発コンセプトに、スタイリングデザイン、車体、パワーユニットのすべてを新設計。
エンジンは高出力化を実現、車体は剛性としなやかさを両立した鋼管トラス構造フレームを新設計、スタイリングは先鋭的なデザインで力強さと速さを直感させる独自の存在感を表現し、2017年5月12日(金)に発売。

ホンダの製品情報へ

CRF250M

LOVE STREET

力強く扱いやすい特性のエンジンを、しなやかな乗り心地を実現するスーパーモタードスタイルの「CRF250M」の各部の熟成を図り2017年2月20日(月)に発売。
ストリートに映える躍動感あふれるスタイリング。
車体色は、モトクロスマシン「CRF450R」を彷彿させるエクストリームレッド1色。

ホンダの製品情報へ

CRF250L

LOVE DIRT.

楽しく扱えトータルバランスに優れたモデルとして幅広い層のお客様から支持を得ているオン・オフロードモデル「CRF250L」の各部の熟成を図り2017年2月20日(月)に発売。
前・後のサスペンションを変更することでシート高を45mm下げ、足つき性を向上させたローダウン仕様のType LDも設定。
車体色は、モトクロスマシン「CRF450R」を彷彿させるエクストリームレッド1色。

ホンダの製品情報へ

ページトップへ

お問い合わせ
ホンダバイクWing店

ホンダWing店
「お客様に選ばれる店」をめざす、Honda車専門の販売店です。

ホンダバイクPRO'S 店

ホンダPRO'S 店
【PRO'S店】は確かな技術をもった「整備のプロ」でもあります。

グッドライダー・防犯登録

廃棄二輪車取扱店

廃棄二輪車取扱店

自動車公正取引協議会

自動車公正取引協議会 会員店