キャンペーン・新車情報夏のスクーターズフェア

キャンペーン

コミューター盗難補償付帯サービス

原付クラブ

新車情報

ダックス

懐かしくて、新しい

Hondaの歴史ある「ダックスホンダ」を現代に再定義した新型レジャーバイク「ダックス125」を2022年7月21日(木)に発売。カラーリングは全2色。
休日をライダー一人だけでなく、大切な家族や仲間とともに楽しんでいただくことで、より充実したバイクライフを過ごしていただくことを目指したモデル。
ダックスらしさを印象付ける胴の長い鋼板プレス製バックボーンフレームに、二人乗りが容易なロングタイプのダブルシートとパッセンジャーも握りやすいグラブバーを採用。

ホンダの製品情報へ

ADV150(限定カラー)

タフで洗練されたスタイリング

アドベンチャースタイルの軽二輪スクーター「ADV150」に、受注期間限定(受注期間は2021年6月11日(金)から2021年8月31日(火)まで)のカラーリングとして「ロスホワイト」を設定し、2021年7月22日(木)に発売。
洗練されたロスホワイトを主体色に、車体の印象を引き締めるストライプパターンを配することで、よりスポーティーなイメージとしている。

ホンダの製品情報へ

CB125R

トラディショナルでありながら、すべてが新しい

「“SPORTS ROADSTER” Prologueバイク本来の乗る楽しさを」を開発コンセプトに、CBシリーズのエントリーモデル。コンパクト&ダイナミックなスタイリングと市街地からツーリング走行まで幅広いシチュエーションが好評の、フルサイズロードスポーツモデル「CB125R」のエンジン出力の向上や足まわりの充実など熟成を図り2021年4月22日(木)に発売。
心地よいレスポンスをもたらす DOHCエンジンを新採用し、また乗り心地と軽快感のあるハンドリングを実現した。カラーバリエーションは全3色。

ホンダの製品情報へ

CRF250RALLY

ADVENTURE EVERYWHERE

「The Dakar Replica週末の冒険者」を開発コンセプトに、市街地からオフロードまで幅広いシチュエーションでの扱いやすさや、軽快な走りが魅力の「CRF250RALLY」をフルモデルチェンジし2020年12月17日(木)に発売。
従来から好評を得ているツーリング性能や快適性をより一層向上させる開発を行い、デザインは威風堂々とした存在感のあるスタイリングを実現。カラーリングはCRF450 RALLYを彷彿させるエクストリームレッドを設定。

ホンダの製品情報へ

ジョルノ(Giorno)

Be More Chic.じぶんらしさを、あたらしく。

スクーター「ジョルノ」のカラーバリエーションを変更し2022年1月20日(木)に発売。
おしゃれで親しみやすいデザインにより、幅広い年齢のお客様にご好評をいただいているモデル。
今回、フロントエンブレムのデザインを統一するとともに、愛らしく個性的なスタイリングをより際立たせる計5色のカラーバリエーションを設定。
「バージンベージュ」、「プコブルー」、「パールディープマッドグレー」、「マットアーマードグリーンメタリック」、「サマーピンク」

ホンダの製品情報へ

タクト

Everyday Spec.TACT

より環境性能を意識したアイドリングストップ・システム。足着き性に配慮したローシート。軽快な走りと省燃費を両立するエンジン。時計付きメーターなど、使い勝手にこだわった装備の数々。ふだんの生活の中で、いつも気持ちよく乗り続けていくために。必要なものをとことん磨き上げたスタンダードスクーター「タクト」のカラーバリエーションを変更し2021年11月25日(木)に発売。
今回、存在感のある「デジタルシルバーメタリック」を新たに採用。

ホンダの製品情報へ

タクト・ベーシック

ふだんの、いちばんへ。

機能的なデザインの車体に、扱いやすい出力特性と環境性能に優れた、原付一種スクーター「タクト・ベーシック」のカラーバリエーションを変更し2021年11月25日(木)に発売。
精悍な「グラファイトブラック」、爽やかな「ロスホワイト」、都会的なイメージの「パールディープマッドグレー」、カジュアルな「アーベインデニムブルーメタリック」を新たに採用し、継続色の「ボルドーレッドメタリック」と合わせた全5色。
タクト・ベーシックは、タクトと比較してシート高を15mm下げ、より足着き性に配慮したローシートを採用。

ホンダの製品情報へ

Dunk

Mobility Gadget: Dunk.

上質感のあるモダンなデザインで、男性を中心とした幅広い年齢層に好評の「DUNK(ダンク)」のカラーバリエーションを変更し2022年1月20日(木)に発売。
今回、上質な印象をより引き立てる計3色のカラーバリエーションを設定。それぞれ、リアサスペンションスプリングのカラーをレッド、シートのカラーをブラック、ブレーキキャリパーのカラーをブラックとしている。

ホンダの製品情報へ

レブル250

シンプルを突き詰めたタフ&COOL

シンプルでクールなイメージのスタイリングと、軽量で取り回しやすいサイズの車体に、扱いやすい出力特性のエンジン搭載のクルーザーモデル「Rebel(レブル) 250」。
COOLな印象を際立たせ、精悍に演出する純正アクセサリーをパッケージ装着した「Rebel 250 S Edition」。個性と存在感をさらに強めている。
「Rebel 250 S Edition」に新色を追加し2022年1月20日(木)に発売。今回、新色としてスポーティーな印象の「パールスペンサーブルー」を追加。継続色と合わせて全2色。

ホンダの製品情報へ

モンキー125

NEW MY TREND Monkey

歴代「モンキー」の特徴である「シンプル」「コンパクト」「愛らしさ」の不変的な魅力を踏襲しつつ、楽しさをスケールアップしたレジャーバイク「モンキー125」に、5速トランスミッションを採用した新エンジンを搭載し2021年9月27日(月)に発売。
今回、カラーバリエーションは、情熱的で鮮やかな「パールネビュラレッド」と、爽やかな印象の「パールグリッターリングブルー」、精悍で落ち着いた印象の「パールシャイニングブラック」の全3色。それぞれ遊び心を感じさせるツートーンカラーを採用。

ホンダの製品情報へ

CT125・ハンターカブ

答えは、自然の中にある。

スーパーカブシリーズの魅力である普段使いの気軽さに加えて、郊外へのツーリングやキャンプなどさまざまなアウトドアレジャーへの移動手段として、楽しみをより一層拡げる機能性を備えたモデル「CT125・ハンターカブ」に新色を追加し2022年1月20日(木)に発売。
今回、市街地からアウトドアまで幅広い環境に調和する新色「パールオーガニックグリーン」を追加。継続色「グローイングレッド」「マットフレスコブラウン」と合わせた全3色。

ホンダの製品情報へ

スーパーカブC125

目的地は、新しい自分。

スーパーカブC125は、スーパーカブシリーズ初代モデル「スーパーカブ C100」を彷彿させるスタイリングに、扱いやすく燃費に優れたエンジンを搭載。上品な印象とした外観など幅広い層のお客様に大変好評。
今回、環境性能を向上させた新エンジンを搭載し2021年9月27日(月)に発売。
カラーバリエーションは、スーパーカブ初代モデルの印象を踏襲した「パールニルタバブルー」と、鮮やかな印象の「パールネビュラレッド」の全2色。

ホンダの製品情報へ

PCX

Wake up Emotion

スタイリッシュな外観と環境性能に優れたエンジンなどで好評を得ている「PCX」をフルモデルチェンジし、2021年1月28日(木)に発売。
軽快なハンドリングと日常での取り回しやすさを追求した新設計フレームに、出力向上とさらなる低燃費を実現。使い勝手の良い装備をより充実させている。

ホンダの製品情報へ

クロスカブ110

遊び心と、走りだそう。

アウトドアテイスト溢れるスタイリングと装備で、通勤・通学からレジャー用途まで幅広い層のお客様に支持されているモデル「クロスカブ110」に新エンジンを搭載し、前輪ディスクブレーキを標準装備するなどモデルチェンジを図り、2022年4月14日(木)に発売。
カラーリングは、マットアーマードグリーンメタリックとパールディープマッドグレーに加え、プコブルーの3色。

ホンダの製品情報へ

スーパーカブ110

自分らしい毎日を、広げに行こう。

タウンユースとして、ビジネスユースとして。ひとりひとりが気軽に乗りこなせる使いやすさと、とことん乗りまわせるタフさ、経済性。求められるいくつもの性能をこの1台に。
伝統的なスタイリングに先進性も兼ね備えた「スーパーカブ110」に新エンジンを搭載するとともに、前輪ディスクブレーキを標準装備するなどモデルチェンジを図り2022年4月14日(木)に発売。
グリントウェーブブルーメタリックなど全5色の豊富なカラーバリエーション。

ホンダの製品情報へ

リード125

STYLISH & FUNCTIONAL

シート下には利便性の高い大容量のラゲッジスペースを確保するなど、通勤や通学、レジャーまでさまざまな場面での使い勝手に優れ、幅広い層のお客様に支持されている「リード125」に水冷4バルブ単気筒エンジン「eSP+(イーエスピープラス)」を新たに搭載するなどモデルチェンジを図り2022年3月24日(木)に発売。
「マットテクノシルバーメタリック」はスポーティーな印象を演出。「パールジャスミンホワイト」「パールダークアッシュブルー2」「ポセイドンブラックメタリック」は上質感のあるデザインを演出。

ホンダの製品情報へ

CBR250RR

TOTAL CONTROL

卓越した動力性能を余すことなく引き出せる操縦性を実現するとともに先鋭的なデザインのスーパースポーツモデルとして、若年層を中心とした幅広い層に好評の「CBR250RR」のカラーバリエーションを変更し2022年1月20日(木)に発売。
今回、シンプルなカラーリングで精悍なスタイリングを際立たせた「グラファイトブラック」を新たに採用。  継続色の「グランプリレッド(ストライプ)」、「マットガンパウダーブラックメタリック」、「パールグレアホワイト」と合わせた全4色。

ホンダの製品情報へ

フォルツァ

Go with Smart Tourer

2000年に初代モデルが発売されて以来、スタイリッシュな外観に、充実した装備や優れた利便性を兼ね備えたシティーコミューターとして幅広い層のお客様に支持されている「フォルツァ」。
今回、高い環境性能と優れた出力特性を実現した新設計エンジンを搭載し、フレームの一部を新設計するなどモデルチェンジを図り2021年3月25日(木)に発売。
より優れた出力特性と環境性能を高次元で両立させ、走行中の車体の安定感と快適性をさらに進化させた。

ホンダの製品情報へ

グロム

Smart City Walker GROM

遊びゴコロにあふれた、個性的なデザインとカラーリング。取り回しやすいジャストフィットなサイズ。
軽快な走りが魅力の「グロム」のエンジンと外観を一新し、2021年3月25日(木)に発売。
今回、新開発の空冷・4 ストローク・OHC・単気筒123ccエンジンを搭載。スポーツモデルとしての操る楽しさを追求した。外観は、“遊び心”にあふれ、塊感のあるスタイリングに一新。イエローをアクセントとした個性的なフォースシルバーメタリックと、街中にも映える落ち着いた印象のマットガンパウダーブラックメタリックの全2色。

ホンダの製品情報へ

PCX160

心地よく、のびやかな走り。

スタイリッシュな外観と環境性能に優れたエンジンなどで好評を得ているスクーター「PCX」シリーズをフルモデルチェンジ。2021年1月28日(木)に発売。
「PCX160」は、PCXをベースに、エンジン排気量を156ccへ拡大することで、より力強く、快適な走行性能を実現。市街地の走行から、高速道路を経由した通勤や郊外へのツーリングまで、幅広い走行シチュエーションで余裕と充実の走りを提供する。

ホンダの製品情報へ

PCX e:HEV(イーエイチイーブイ)

爽快感のある加速性能。

スタイリッシュな外観と環境性能に優れたエンジンなどで好評を得ているスクーター「PCX」シリーズをフルモデルチェンジ。2021年1月28日(木)に発売。
「PCX e:HEV」は、PCXをベースに、高出力型リチウムイオンバッテリーをエネルギー源として、エンジンの始動や発電を担っているACGスターター(モーター)に駆動アシストの機能を追加させた、ハイブリッドシステムを採用する原付二種スクーター。

ホンダの製品情報へ

CRF250L

自由をもたらす強さと軽さ。

市街地からオフロードまで幅広いシチュエーションでの軽快な走りが魅力のオン・オフロードモデル「CRF250L」をフルモデルチェンジし、2020年12月17日(木)に発売。
従来から好評のオンロードでの扱いやすい性能はそのままに、オフロードでの走破性を高めるなど、よりトータルバランスに優れたモデルとすることを狙いに、力強い出力特性の実現と徹底的な軽量化を行った。
カラーリングは、レーシングイメージ溢れるエクストリームレッドを設定。

ホンダの製品情報へ

CB250R

トラディショナルでありながら新しさを纏う。

新世代CBシリーズとして、マスの集中化と軽量化を図った凝縮感のあるダイナミックな台形プロポーションや上質な走りを演出するパワーユニット、快適なライディングを提供するシャシーなどにより、若年層のエントリーユーザーを中心に好評のネイキッドロードスポーツモデル「CB250R」。
今回、足つき性を向上させるため、前後サスペンションなどの足回りを変更。さらに、新しいカラーバリエーションとしてシックなイメージの「マットパールアジャイルブルー」を追加し、2019年4月19日(金)に発売。
カラーリングは4色設定。

ホンダの製品情報へ

Dio110

走ろう、自分の毎日を。

アクティブに駆け出したくなる軽快な走りと、毎日にうれしい使いやすさを兼ね備えた「Dio110」に、新設計のエンジンや軽量・高剛性フレーム、利便性の高いHonda SMART Keyシステムを採用するなどフルモデルチェンジし、2021年2月25日(木)に発売。
ダイナミックなボディーラインでよりアクティブさを表現し、上質感も演出。カラーリングは全4色の設定。

ホンダの製品情報へ

ADV150

限界を超えていく都会の冒険者

アドベンチャーモデルの新たな提案として、タフでアクティブなアドベンチャースタイルに、市街地から高速道路まで走行可能な149cc単気筒エンジンを搭載した新型軽二輪スクーター「ADV150」を2020年2月14日(金)に発売。
通勤や通学から趣味や非日常も楽しめる軽二輪スクーターを目指した。カラーリングは全3色を設定。

ホンダの製品情報へ

クロスカブ50

New Cub is Your Cub.

レジャーモデルとして好評の「クロスカブ」に50ccエンジンを搭載した「クロスカブ50」を新たに設定し2018年2月23日(金)に発売。
クロスカブ110同様のスタイリングに、取り回しやすいく足つき性の良さに配慮した、より身近でフレンドリーなモデルとしている。
エンジンは、スーパーカブ50に搭載されている空冷・4ストローク・単気筒エンジンを採用。
カラーリングは、鮮やかなマグナレッドと落ち着きのあるクラシカルホワイトの2色のバリエーション。

ホンダの製品情報へ

スーパーカブ50プロ/スーパーカブ110プロ

これからも仕事で頼れる1台へ。プロ仕様のカブ。

モデルチェンジしたスーパーカブ50/110をベースに、積載性に優れた大型のフロントバスケットとリアキャリアを標準装備したビジネスモデル「スーパーカブ50/110プロ」。
配達のプロにとって快適な使いやすさを備えたビジネスモデルとして開発。取り回しの良さと積載性とタフさと優れた経済性。配送業務をはじめとした、さまざまな使用状況に応じたモデル高いパフォーマンスを発揮する1台。

ホンダの製品情報へ

ベンリィ/ベンリィ110

365日、配達する人をサポートする。

新聞配達や宅配用途で求められる取り回しの良い車体サイズ、優れた実用性と経済性はそのままに、平成28年度排出ガス規制に適合させるとともに、一部仕様を変更した「ベンリィ110」を2017年10月27日(金)に、「ベンリィ」を11月2日(木)にそれぞれ発売。

ホンダの製品情報へ

ベンリィプロ/ベンリィ110プロ

頼もしい装備をプラスした新聞配達仕様。

「ベンリィ」「ベンリィ110」をベースに、夜間などに手元灯としても使えるポジションランプを新たに採用。積載性の高い大型フロントバスケットと大型リアキャリア、発進・停止をスムーズにするフットブレーキと駐停車で便利なリアブレーキロック機構、集配業務で雨風から手元を守るナックルバイザーを装備したモデル。

ホンダの製品情報へ

ページトップへ

お問い合わせ
ホンダバイクWing店

ホンダWing店
「お客様に選ばれる店」をめざす、Honda車専門の販売店です。

ホンダバイクPRO'S 店

ホンダPRO'S 店
【PRO'S店】は確かな技術をもった「整備のプロ」でもあります。

グッドライダー・防犯登録

廃棄二輪車取扱店

廃棄二輪車取扱店

自動車公正取引協議会

自動車公正取引協議会 会員店